兵庫区歯科医師会

ホーム > 活動報告

活動報告

令和3年度令和2年度令和元年度

令和3年度

〇各社新聞で折込チラシを配布

  • 令和4年01月24日
     加齢に伴うお口の機能の衰え(オーラルフレイル)は、認知機能の低下や将来のねたきり生活にも繋がります。また、新型コロナウイルス感染拡大の長期化に伴い、外出や運動等が制限されることで、それに伴う全身的な体の衰え(フレイル)の進行も問題視されています。自身のお口の健康状態を知って、オーラルフレイル対策を行い、健康状態の低下やトラブルを自覚したら、まずはかかりつけの歯科医院を受診して下さい。


  • 令和3年度 第3回 兵庫区地域ケアネットワーク定例会

     医師会・薬剤師会・歯科医師会・介護関係団体による兵庫区地域ケアネットワーク定例会が開催され、歯科医師会が「健康寿命を地域でまもる~オーラルフレイルを見逃さない!~」というテーマで講演会を行いました。多くの医療・介護職の方に対して、実際の口腔ケアの方法を、動画を用いて解説させていただきました。また介護の現場で、日頃から疑問に思う歯科や口腔に関する多数の質問にも回答させていただきました。

    日時:令和04年01月15日(土)午後2時00分~

    場所:兵庫区役所5階会議室(健康教育室)

  • 区民健康のつどい

    講演を熱心に聞く医療・介護職の皆様

  • 区民健康のつどい

    口腔ケアの方法を動画で解説

  • 区民健康のつどい

    コロナ禍での開催のため感染拡大防止にも配慮


  • 〇各社新聞で折込チラシを配布

  • 令和3年4月19日
    「いま一度確認、歯医者が薦める感染予防」と題し、診療所で日々、最新の感染対策を取り入れている歯科医の目線から家庭で行える感染予防とウィズコロナの生活様式を提案しました。歯科医院では万全の感染防御対策を行っております。かかりつけ歯科医院を安心して受診下さい。


  • 令和3年11月8日
    新規陽性患者数の減少しているこの時期だからこそ、来るべき『第6波』に備えて、「まだまだ油断は出来ません!~歯医者が薦める感染予防~」と題し、診療所で日々、最新の感染対策を取り入れている歯科医師の目線から、家庭で行える感染予防と「withコロナ」時代の生活様式を提案しました。また裏面では、「新型コロナウイルスワクチン接種」の啓発記事と共に、「歯科医院来院時のお願い」を掲載しました。


  • 〇新型コロナウイルス感染症ワクチン接種業務への協力
     (ノエビアスタジアム神戸ワクチン大規模接種会場)

     楽天メディカルジャパンより、兵庫区の御崎公園に設営されました「ノエビアスタジアム神戸ワクチン大規模接種会場」への歯科医師の出務協力要請があり、約30名の会員歯科医師がワクチン接種業務に携わらせていただきました。
     毎日3名が、ワクチン接種業務に携わり、多い日は約300名に接種する日もありました。
     感染力の増すコロナウイルスに対して、歯科医師ができる事は少ないですが、コロナ禍でのワクチン接種を多くの市民に行うことで、感染拡大の収束に少しでも繋がれば幸いです。

    日時:令和3年8月2日(月)~10月31日(日)

    場所:ノエビアスタジアム神戸ワクチン大規模接種会場

  • 区民健康のつどい

    ノエビアスタジアム神戸メインエントランス

  • 区民健康のつどい

    ノエビアスタジアム神戸ワクチン大規模接種会場

  • 区民健康のつどい

    会場で接種業務に携わる会員歯科医師 Part.1

  • 区民健康のつどい

    会場で接種業務に携わる会員歯科医師 Part.2


  • ○令和3年度 新型コロナウイルス感染症軽症者療養宿泊施設への口腔ケアグッズ寄贈

     昨年と同様に、本年も神戸市健康局保健所保健課口腔保健支援センターを通じて、新型コロナウイルス感染症軽症・無症状感染者の宿泊療養施設で療養中の方へ「口腔ケアリーフレット及び口腔ケアグッズ」900セットを寄贈しました。その内の一部(300セット)は、兵庫区内のホテルに新たに設置されました軽症・無症状感染者の宿泊療養施設に早期に寄贈されることとなりました。
     口腔ケアを行うことで、口腔内細菌による肺炎の発症を防ぐことができる。すなわち、感染症対策には口腔ケアが大切であり、コロナウイルスの感染予防だけでなく、重症化防止にも効果があると考えております。
     毎日の歯みがきをしっかり行うことで、感染症の発症及び重症化を予防し、「with コロナ」の時代を乗り越えていきましょう。

  • 区民健康のつどい

    寄贈された口腔ケアリーフレット及び口腔ケアグッズ

  • 区民健康のつどい

    神戸市健康局保健所保健課口腔保健支援センターへ寄贈

  • 区民健康のつどい

    グッズは早期に区内の宿泊療養施設へ


  • ○神戸市立小学校におけるフッ化物応用事業

    神戸市立小学校でもフッ化物洗口やフッ化物塗布が始まります!

     現在、神戸市内の市立の保育所・幼稚園でのみ実施されているフッ化物洗口ですが、今後は市内の市立小学校においても拡張して実施することとなりました。また、小学校ではフッ化物塗布も併せて実施される予定です。
     現在、フッ化物応用事業の進行状況は、市内の小学校4校において2校ずつでフッ化物洗口、フッ化物塗布 事業をモデル事業として行うため準備をしています。(兵庫区では浜山小学校および和田岬小学校が対象)

    フッ化物洗口

    対象 :浜山小学校・名倉小学校2年生
    頻度 :週1回法(年度当初からであれば35 回/年、長期休みを除く)   
    実施方法:外部人材を利用して、希望する児童に対し、フッ化物洗口を実施 教職員は児童の見守り及び備品・薬剤等の保管場所の提供

    フッ化物塗布

    対象 :和田岬小学校・丸山ひばり小学校低学年
    頻度 :年1~2回(夏・冬休みや土日授業参観等を利用:2学期を予定)
    実施方法:希望する児童に対し、学校歯科医及び歯科衛生士がフッ化物塗布実施。教職員は児童の見守のみ
    歯ブラシ塗布法(1.6歳児健診・3歳児健診の方式)を予定

     上記概要により、現在は特にフッ化物洗口事業を優先してすすめており、対象小学校における教職員への説明会が終了した段階です。
    今後保護者への説明会、また外部人材への研修会を行い事業が開始予定です。

    フッ化物応用については、(公社)日本学校歯科医会発行の下記資料を参照
    (公社)日本学校歯科医会: 学校におけるフッ化物応用ガイドブック

    兵庫区歯科医師会 学校歯科保健委員会


    令和2年度

    〇新型コロナ感染症軽症者療養宿泊施設へ口腔ケアグッズ寄贈

    歯周病菌などの細菌はいつも口の中に存在します。新型コロナウイルスに感染すると肺の免疫が低下し、その状態で口の中の細菌が肺に入ると、ウイルス性肺炎とは別に細菌性肺炎を併発し、そのダブルパンチが危険なのです。細菌性肺炎の発症リスクを日頃から低くしておくことが、新型コロナウイルス感染に打ち勝つポイントで、歯周病の治療や日頃の歯みがきが重要です。また、舌磨きも忘れないようにしましょう。


  • 口腔ケアグッズ

    口腔ケアグッズ


  • 〇各社新聞で折込チラシを配布


    令和元年度

    〇歯科健康講座

    「ふれあい給食」
    歯科医師会の会員がふれあい給食に講師として参加し、入れ歯や噛み合わせ、口腔ケアなどについて、30分程度の講習を実施しました。

    「子育てサロン」
    歯科医師会の会員が子育てサロンに講師として参加し、乳幼児期の子どもの歯みがき、間食などの食生活、フッ化物などについて、40分程度の講習を実施しました。


    〇第13回 兵庫区 区民健康のつどい

    医師会・薬剤師会・歯科医師会・看護協会・介護関係団体による毎年恒例の区民健康のつどいが「人生100年時代ピンピンコロリを目指して」をテーマに開催され、医療介護専門職による劇「ボーっと生きてんじゃねーよ 元気の秘訣教えます ~食べる、歩く、そして笑う~」が上演されました。歯科医師会からも5名の先生が熱演しました。

    日時:令和元年10月19日(土)午後1時30分~

    場所:兵庫区役所新庁舎2Fみなとがわホール

  • 区民健康のつどい

    会場は超満員

  • 区民健康のつどい

    坂井副会長(右)と北村理事(左)

  • 区民健康のつどい

    熱演の3人組

  • ページのトップへ戻る