兵庫区歯科医師会

ホーム > 事業について > 活動報告

事業について

活動報告


事業内容 活動報告

令和2年度令和元年度


令和2年度

〇新型コロナ感染症軽症者療養宿泊施設へ口腔ケアグッズ寄贈

歯周病菌などの細菌はいつも口の中に存在します。新型コロナウイルスに感染すると肺の免疫が低下し、その状態で口の中の細菌が肺に入ると、ウイルス性肺炎とは別に細菌性肺炎を併発し、そのダブルパンチが危険なのです。細菌性肺炎の発症リスクを日頃から低くしておくことが、新型コロナウイルス感染に打ち勝つポイントで、歯周病の治療や日頃の歯みがきが重要です。また、舌磨きも忘れないようにしましょう。


  • 口腔ケアグッズ

    口腔ケアグッズ


  • 〇各社新聞で折込チラシを配布


    令和元年度

    〇歯科健康講座

    「ふれあい給食」
    歯科医師会の会員がふれあい給食に講師として参加し、入れ歯や噛み合わせ、口腔ケアなどについて、30分程度の講習を実施しました。

    「子育てサロン」
    歯科医師会の会員が子育てサロンに講師として参加し、乳幼児期の子どもの歯みがき、間食などの食生活、フッ化物などについて、40分程度の講習を実施しました。


    〇第13回 兵庫区 区民健康のつどい

    医師会・薬剤師会・歯科医師会・看護協会・介護関係団体による毎年恒例の区民健康のつどいが「人生100年時代ピンピンコロリを目指して」をテーマに開催され、医療介護専門職による劇「ボーっと生きてんじゃねーよ 元気の秘訣教えます ~食べる、歩く、そして笑う~」が上演されました。歯科医師会からも5名の先生が熱演しました。

    日時:令和元年10月19日(土)午後1時30分~

    場所:兵庫区役所新庁舎2Fみなとがわホール

  • 区民健康のつどい

    会場は超満員

  • 区民健康のつどい

    坂井副会長(右)と北村理事(左)

  • 区民健康のつどい

    熱演の3人組

  • ページのトップへ戻る